ロードセルとは

電子はかりには必ず必要な重さ測定装置

ロードセルは圧力や張力を電気信号へと変える機能的な測定器です

ロードセルのメカニズムについて

圧縮力、あるいは引っ張り力といった荷重を電気信号へとチェンジする変換器のことをロードセルといいます。
使用時にはアンプをつなぐ事によって荷重値を示すメカニズムとなっていて、ひずみゲージ式をはじめとして、ジャイロ式、あるいは静電容量型といったタイプがあります。
因みに、こうした測定器は重さを数字化する電子はかりに欠かすことができない測定装置とされています。

ロードセルが必要不可欠の電子はかりの特徴

電子はかりは、台上に物をのせる事によって計量が可能な機器です。
そして、物をのせる事は荷台に対しまして圧力をもたらしていることを意味します。
どれだけの圧力が掛かると、物の重さがいくらになるかを示してくれるのが電子はかりの特性で、圧力を適正に感知する為の誤差精度のチェックが必要になります。
これを確約してくれるのが校正で、通常であれば専門会社に対して校正のお願いをして、誤差確認をして運用を実施する事になります。


ロードセルは張力を計測する時、物の圧力を測る時に使用する測定器になります。
一見すると、プッシュプルゲージと一緒のような役割を担うと考える人も多いでしょうか。
プッシュプルゲージにつきましては力を加えて継続して計測するのに対し、この計測器具は力が加わった際に荷重を感知するといった相違があります。
因みに、プッシュプルゲージに関しては、抜き差しができるパーツをパイプへと入れた時、どの程度の力を掛けると抜け落ちてしまうのかを検証する時に使用します。
機器に付いているフックに対してパイプに入れたパーツの取り付けを行い、そして、引っ張りつつ段階的に力を与え、抜けた時の数値を計測します。
これに関しては引き抜き荷重と言うもので、設計の図面の中において引き抜き荷重の数値を指し示しており、計った時の値が図面の仕様中で確定されているものとピッタリ合っているかどうかを把握する事が出来ます。

圧力並びに張力といった荷重を感知する仕組み

瞬発的な圧力、張力を計測する事が可能なのがロードセルの特色になります。
張力を感知し、圧力を感知した際に荷重という形で信号を出現させます。
こうした信号は増幅回路を活用して荷重の数値を示す事が可能です。
試験器においてセッティングされているケース、産業向け機器にセッティングされているケースなどもあり、物づくりで欠くことができない測定器といえます。
因みに、計量器にも同じ機能を持つ装置が組み込まれています。
計量器は重量を計測する為の設備機器のひとつですが、計量器には秤量機と言う単重を計って、数量を割り出してくれる機能的な機器もあります。
秤量器は物を荷台へと乗せると圧が加わり、これを感じ取って信号を発生させる、1つの重さを把握すると、引き続き物を荷台へとのせると、数を算定してくれる機能的な測定器になります。

人気記事ランキング