荷重測定を行うロードセル

荷重測定の方法について

ロードセルを採用して有効活用している実例

荷重の測定を行う必要性について

ロードセルとは、荷重を計測することができる機器になります。
可動性が見られる機械におきまして、行き過ぎた荷重がかかると故障を助長させてしまうことになりますので、荷重を計測して生産する前に検出することが不可欠です。
ひとつの例として折りたたみのギミックを有する携帯電話、あるいは辞書といった折りたためる部位の荷重を調査します。
この荷重が過大であると正常に動かなくなってしまいやすくなり、荷重そのものが小さすぎると折りたたむことが不可能です。
そのため荷重の計測を実施する必要性があります。

荷重測定は生産品を製造する上で重要です

あらためていうまでもなく、荷重自体が想定と非常に大きく相違しているものは販売できません。
荷重の管理装置の活用によって荷重をコントロールすることも可能だと言えます。
作業の能率化を考えたら、調整装置を活用することがお勧めできます。
そうでないケースでも不良品を産み出さないうえでも荷重測定はとても大事になってきます。


DVD、あるいはブルーレイのレコーダーにはいろいろな小型モーターが活用されています。
モーターは製造プロセスで機器へ組みこまれており、そのタイミングでメタルベアリングの圧入力が大事になってきます。
その結果、ロードセルによりまして圧入力を計測しておくと劣悪品を検出できます。
荷重管理装置付きのプレスを利用すると、圧入力を確認するのみならず過負荷を回避することできます。
さらに、圧入値が不良品のケースでは瞬時にブザーが稼働するものもあります。
モーターの圧入値そのものが正常でないとディスクにもとても大きな負担がかかります。
そうしたトラブルを生み出さないためにも荷重測定はとても大事になってきます。

ファンモータを安定して製造するが可能です

OA機器の大部分は熱に対してあまり強くないという側面を持っています。
反面電気を介して動いている以上、熱発生を回避することは難しいです。
その為備え付けられているのがファンモータになります。
ファンが回ることを通じて、放熱を可能にしています。
ファンモータに関してはプレス機にて圧入を実行します。
こうした圧入の調節は困難で、樹脂ケースを壊すということもあり得ます。
そのため荷重管理装置を採用することがお勧めできます。
荷重管理装置を使用する事によって圧力をロードセルを通じて計測できます。
このことより、力がかかって壊れるものでも振れ幅の少ない圧力をかけることが実現可能です。
緻密な品質管理、あるいは計測には有効です。
ロードセルは劣悪品を出さないためだけでなく、円滑な生産にも効果を発揮します。

人気記事ランキング